首イボ 遺伝

首イボは遺伝するって本当?首イボの原因や対処法をご紹介します!!

加齢と共に首イボが増えてきたあなた。「そういえば両親も首にイボができていた気がする・・・、これって遺伝!?」と心配されているでしょう。そこで今回は、首イボと遺伝の関係性についてご紹介していきます。

 

又、首イボの対処法や病院で行われる治療法についても記載していますので、ぜひ最後までご覧下さい!

 

首イボは遺伝する?そう言われる理由って一体何??

 

首イボが遺伝する可能性は極めて低いです。しかし首イボのはっきりとした原因は特定されていませんので、遺伝が全く関係しないとも言えません。では、何故首イボが遺伝すると言われているのでしょうか?

 

それは肌のタイプや体質は遺伝が関係しているからです。その為、肌にできるイボも遺伝が関係していると考えてしまいがちなのです。しかし、親にほくろが多いからと言って子供まで多いとは限りませんよね?

 

それはイボも同じです。親にイボが多いからと言って、子供までイボが多くなるわけではないのです。しかし遺伝が完全に関係していないとも言えませんので、ご両親がイボのできやすい体質なら、あなたも気を付けておきましょうね。

 

首イボの原因と対処法を教えて!

 

首イボが遺伝する可能性は低いと記載しましたが、では首イボを作る要因は何にあるのでしょうか?ここでは首イボの要因をいくつか記載していきますね。まず1つ目ですが、加齢です。

 

加齢により代謝機能が低下して、ターンオーバーが乱れがちになる事で首イボが生じるのです。又、更年期等でホルモンバランスが乱れると、皮脂等の老廃物が硬化してイボになってしまう事もあります。2つ目は紫外線や乾燥です。

 

紫外線や乾燥は肌に大きなダメージを与えますので、この影響で代謝機能が低下して首イボが生じている可能性もあります。3つ目は摩擦です。服の襟元やネックレスが皮膚と擦れて摩擦が生じ、それが刺激となって首イボができてしまうのです。

 

最後の4つ目は肥満です。肥満体質になると首周りの皮膚がたるんで摩擦が生じやすい為、それが刺激となって首イボの原因となってしまいます。又、肥満により代謝機能も低下してしまいますので、首イボが生じやすくなるのです。

 

この4つが首イボの主な原因で、これらの影響でできたイボは放っておいても問題ありません。しかし首イボには種類があり、ウイルス性のイボや悪性腫瘍の可能性もあります。

 

痛みや出血を伴う・イボが急に大きくなった・イボの色が黒くなった等の症状が見られるなら、病院を受診しましょう。又、加齢・乾燥・紫外線・摩擦等で生じた首イボは、小さいものなら家庭で治す事も可能です。

 

その方法は簡単で、スキンケアと同様のケアを首周りにも行う事です。外出時には日焼け止めクリームやUVカット加工されたスカーフ等で紫外線対策を行いましょう。

 

そして洗顔後のスキンケアの際は、保湿成分が配合された化粧水やクリームで十分なケアを行いましょう。保湿をしっかり行う事でターンオーバーが促され、首イボを改善する事ができるでしょう。簡単な事ですので、あなたもコツコツ初めてみませんか?

 

首イボを病院で治療するならどのような治療法が行われるの!?

 

加齢・乾燥・紫外線等で生じた首イボは、放っておいても大きな問題にはなりません。しかし女性の場合は、どうしても気になってしまいますよね。病院で首イボの治療を考えられている方も多いと思いますので、主な治療法を記載しますね!

 

・液体窒素による凍結治療  ・炭酸ガスレーザーでの切除
・医療用ハサミでの切除   ・塗り薬での治療
・オペでの切除       ・飲み薬での治療  等

 

このような治療が行われますので、ぜひご参考にして下さい。

 

首イボ対策をきちんと行い若々しい首周りへ!

 

今回は首イボと遺伝の関係性や、対処法・治療法をご紹介してきましたがご参考になりましたか?首イボが遺伝している可能性は極めて低いですので、あなたのイボも加齢・乾燥・紫外線等の影響で生じているのかもしれません。

 

そして感染性のイボ・悪性腫瘍・大きいイボでない限り、自宅でも首イボをケアする事ができます。紫外線のガード・首周りの保湿等をしっかり行い、首イボ対策を行いましょう。適切な処置を行って、綺麗な首周りを取り戻しましょうね!