首イボ 隠す

首イボを隠すにはどうすれば良い?オススメの方法を教えて!!

首にポツポツとできてしまった小さな首イボ・・・。首イボがあると、一気に老けてしまったように感じませんか?「何とか隠す方法はないの?」とお悩みのあなたに!

 

今回は、首イボを隠す方法や目立たなくする方法をご紹介していきます。又、首イボのケア方法や病院での治療方法等も記載していますので、ぜひ最後までご覧下さいね!

 

首イボを隠すにはどんなアイテムがオススメなの?

 

*衣類で隠す場合*

 

首イボを隠すと言うと一番に思い浮かぶのが、衣類で隠す方法ですよね。冬の場合はタートルネックやハイネックのトップスを着用すれば良いと思います。そして問題の夏場は、Yシャツやスカーフを取り入れるのがオススメです。

 

Yシャツは意外と首周りを隠す事ができますので、お仕事されている女性でも取り入れやすいでしょう。又、スカーフですが、夏カラーや夏素材の物を選べば暑苦しさを感じずに着用できますし、オシャレ度アップにも繋がります。

 

スカーフは首周りの冷え対策としても使えますので、とても便利なアイテムと言えるでしょう。これらをうまく取り入れ、首イボを隠してみて下さいね。

 

*肌色のテープで隠す*

 

皮膚に残った傷痕やタトゥー等を隠す肌色のテープ(ファンデーションテープ)をご存知ですか?顔や体に張るだけで、気になる場所をカバーできるテープで、首に貼れば首イボを隠す事もできます。

 

又、ファンデーションテープは防水性に優れていますので汗や水に強く、1度貼ると1週間程貼ったままにできるのです。さらに、傷痕のようなデリケートな部分に使用しても負担をあまりかけませんので、首イボ隠しにも向いています。

 

ファンデーションテープはドラッグストアではあまりみかけませんが、ネット通販で購入できます。気になったなら、ぜひチェックしてみて下さい!これらが首イボ隠しにオススメの方法ですので、あなたに合った方法があれば取り入れてみて下さいね。

 

自宅でできる首イボケアを教えて!

 

小さな首イボができる要因として、加齢・乾燥・紫外線等が挙げられます。これらの要因が肌の代謝機能を低下させ、ターンオーバーの乱れを招いています。その結果、首イボが生じてしまうのです。

 

よって加齢を止める事はできませんが、十分な乾燥・紫外線対策を行って首イボを目立ちにくくするのもオススメの方法です。顔と同じように首周りも化粧水や保湿クリームでケアする、外出時は日焼け止めクリームを塗る等の対策をとりましょう。

 

又、ハトムギ(漢方薬のヨクイニン)を摂取するのもオススメです。ハトムギには肌の新陳代謝を促す効果があり、イボ改善にも効果的なのです。ハトムギ茶やサプリメントでの摂取、ハトムギ成分配合の美容液等、あなたも取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

病院で首イボ治療を行う場合どんな治療法があるの?

 

大きめの首イボ治療や即効性を求める場合、病院での治療がオススメです。しかし病院でどのような治療法が行われるのか分からず、受診を避けているという方も多いでしょう。そこで首イボの治療法を下記にまとめてみましたので、ご参考にして下さいね。

 

*液体窒素での切除*

 

マイナス196度の液体窒素をめん棒等に染み込ませ、首イボを凍結させて除去する方法です。1回で治療が終わる場合もありますが、かさぶたが取れてもまだイボが残っている場合は、再度治療が行われます。又、強い痛みを伴うのもこの治療法のデメリットです。

 

*炭酸ガスレーザーでの切除*

 

炭酸ガスレーザーを患部に当て、照射してイボを切除する方法です。こちらは麻酔テープやクリームを用いてからの施術になりますので、ほとんど痛みはありません。又、液体窒素とは違い1回の施術で完了するというメリットもあります。

 

*オペでの切除*

 

大きめのイボを切除する場合や、悪性腫瘍の疑いがある場合に行われる切除方法です。局部麻酔を行いメスでイボを切除する方法です。小さな首イボの場合は手術の必要がないので安心して下さい。

 

*医療用ハサミでの切除*

 

医療用のハサミでイボを切除して消毒するだけのシンプルな治療法ですが、出血や痛みが少ないというメリットがあります。さらに1回の施術でイボを除去でき、傷痕も残りにくいので、ハサミでの切除を推奨している病院も多いそうです。

 

これらが病院で行われる治療法です。又、塗り薬での治療や飲み薬での治療が行われる場合もあります。治療法はあなたの首イボの状態と病院によって変わってきますので、医師と相談して治療を行っていきましょうね。

 

首イボを上手にカバーして気になる悩みから解放されよう!

 

今回は、首イボの隠し方やケア方法についてご紹介してきましたがご参考になりましたか?衣類やテープで首イボを隠すのも1つの手段ですが、首イボ自体を改善する方がオススメです。

 

自宅で念入りにケアしたり、病院で首イボ治療を行う方がお悩みの解消に役立つでしょう。又、ただの首イボだと思っていたら「悪性腫瘍だった!」というケースもあります。

 

首イボが急に大きくなった・黒くなった、首イボに痛みや出血があるという症状が見られる際は、すぐに病院を受診しましょう。早期発見が大切ですので、このようなイボは放っておかないで下さいね。

 

首イボをきちんと治療・改善し、若々しい首周りを取り戻しましょう!