首イボ 原因

首イボってどうしてできるの?首イボの原因とその種類をご紹介します!!

首にポツポツできてしまったイボ・・・。あなたの首イボは、年齢と共に増えていませんか?首イボが生じる原因は年齢と大きく関係していると言われますが、実はそれだけではありません!

 

そこで今回は、首イボの原因と種類についてご紹介していきます。正しい処置を行う為にも、原因をきちんと知っておきましょうね。

 

首イボにも種類がある!?5種類の首イボをご紹介します!

 

*アクロコルドン*

 

アクロコルドンというイボは3mm程の大きさをしており、皮膚からあまり盛り上がっていない小さなイボです。色は肌色で目立ちにくく、皮膚の柔らかい首やデコルテにできやすいという特徴も持っています。

 

*スキンタッグ*

 

スキンタッグは肌色・茶色・黒っぽい色をしたイボで、小さめのものが多いです。しかし、大きくなると1cm程の大きさになる場合もあります。こちらもアクロコルドン同様、首にできやすいイボで、汗をよくかく場所に多く見られます。

 

*軟性繊維腫*

 

軟性繊維腫は直径が5mmを超える大きめのイボで、1cm以上の大きさになる場合もあります。又、皮膚から飛び出している為に目立ちやすいのも、このイボの特徴です。

 

*懸垂性繊維腫*

 

懸垂性繊維腫は軟性繊維腫よりも大きく、皮膚から垂れ下がったイボを指します。年齢と共に大きくなってしまいますので、早めに除去するのがオススメです。

 

*老人性イボ*

 

老人性イボは年齢と共に増加するイボで、首だけでなく体のどこにでも発生します。特に、紫外線を多く浴びる場所にできやすいです。イボの色は肌色・茶色・黒っぽい色をしており、かゆみを伴う事もあるイボです。

 

この5つが首イボの主な種類です。あなたに当てはまるものはありましたか?ただの首イボだと思っていても、悪性腫瘍やウイルス性のイボである可能性もありますので、今一度チェックしてみて下さい!

 

首イボができる原因を教えて!!

 

イボというのは肌の細胞が異常に増加して盛り上がったものを指し、角質粒とも呼ばれています。イボができる原因は複数の要因が重なって生じると言われていますが、はっきりとは解明されていません。しかし、要因とされている点はありますのでご紹介しますね。

 

まず1つ目が加齢です。首イボは年齢と共に増加する傾向にありますので、加齢や老化が首イボの要因として挙げられます。2つ目は摩擦による刺激です。

 

服やアクセサリー等の影響で、首周りは摩擦が生じやすいです。これにより首イボができるとも言われています。3つ目は紫外線です。

 

紫外線が肌にダメージを与え、そのダメージ量が一定ラインを超えると、シミが膨らみイボとなってしまいます。又、紫外線による肌の疲労で代謝機能は低下しますので、ターンオーバーが正常に行われず首イボになるとも言われています。

 

そして最後の4つ目は肥満です。肥満体質の方は首イボができやすく、皮膚がたるんで擦れる事で、それが刺激となって角質化してしまうのです。又、肥満により代謝機能が低下してしまう点も、首イボの要因と考えられています。

 

これらが首イボをつくる要因です。加齢はどうする事もできません。しかしターンオーバーを促す為に保湿を行ったり、肌へのダメージを減らす為に紫外線をガードする事は可能です。

 

肌本来の力を取り戻す事で、首イボの改善が期待できますので、今一度あなたの習慣を見直してみましょう。

 

首イボの原因を知ってきちんと対処していきましょう!

 

今回は、首イボの原因についてご紹介してきましたがご参考になりましたか?首イボは肌に与えられるダメージが原因の可能性が高いですので、顔と同様のケアが大切になってきます。紫外線対策や乾燥対策をしっかり行って、首の皮膚の健康を維持しましょう。

 

又、どうしても首イボが気になるという場合は、皮膚科を受診するのもオススメです。小さなイボは自力で除去できそうな気がしますが、肌を傷付けてしまいますので専門医に診てもらいましょう。正しい対処法をとり、気になる首イボを解消していきましょう!