首イボ 取り方

首イボの取り方って?病院での治療法と家庭でできる対策法を教えて!!

首にできてしまった気になるイボ・・・。皮膚科に行って治療したいけど、どのような治療が行われるのか不安という方も多いと思います。そこで今回は、病院で行われる首イボの取り方についてご紹介していきます。

 

又、自宅でできる首イボの対処法も記載していますので、ぜひご参考にして下さいね!首イボをきちんと直し、若々しい首周りを目指しましょう。

 

病院での首イボの取り方とは!?どんな治療法があるの?

 

*液体窒素での切除*

 

イボ治療で最もポピュラーなのが、液体窒素による切除です。マイナス196度の液体窒素をめん棒等に染み込ませ、イボに押し当てて凍結します。するとイボの組織が破壊されますので、新しい皮膚が再生されイボをなくす事ができるのです。

 

1回の治療で綺麗にイボが取れれば治療完了です。しかしかさぶたが取れてもまだイボが残っている場合は、再度液体窒素療法が行われるでしょう。こちらの治療は痛みを伴いますので、多少の覚悟はしておいた方が良いと思います。

 

*医療用ハサミでの切除*

 

根元が細く、小さなイボを切除する際に用いられる治療法です。医療用のハサミでイボを切除して消毒するだけですので、とてもシンプルです。出血や痛みはあまりなく、1回で切除できますし、傷跡も残りにくいというメリットもあります。

 

*オペでの切除*

 

イボのサイズが大きく、液体窒素やレーザーでは除去できないイボに用いられる治療法です。又、悪性腫瘍の可能性がある場合もオペでの除去が行われます。オペは局部麻酔をして首イボをメスで切り取り、傷口を縫合するといった手順で行われます。

 

*炭酸ガスレーザーでの切除*

 

炭酸ガスレーザーでの治療法も、比較的小さなイボを除去する際に用いられます。イボに局部麻酔のテープやクリームを塗り、レーザーを照射していきますので、ほとんど痛みはありません。

 

よほどイボの数が多くない限り1回の施術で治療できますので、通院の回数は多くならないでしょう。施術後は痕が残りますが、数か月で消えていきますので安心して下さいね。

 

*塗り薬での治療*

 

首イボ用の塗り薬はいくつかありますが、最もポピュラーなのが「サリチル酸絆創膏」です。名前の通りですが、サリチル酸が含まれた絆創膏を患部に張り、イボを軟化させて除去します。

 

*飲み薬での治療*

 

首イボ治療の飲み薬として「ヨクイニン」という薬が挙げられます。ヨクイニンにはコイクセラノイドという成分が含まれています。このコイクセラノイドがターンオーバーを促し、イボを改善してくれるのです。

 

この6種類が主な首イボの治療法です。イボの治療を考えられているのなら、一度病院を受診し、医師と治療法について話し合ってみて下さいね!

 

自宅でできる首イボへの対策法を教えて!

 

*ハトムギ茶を摂取する*

 

ハトムギには、上記で記載したヨクイニンと同様の効果がありますので、ターンオーバーを促す事ができます。ターンオーバーが正常化すれば、古い皮膚から新しい皮膚へと移行できますので、イボの改善を期待できるでしょう。

 

イボ対策としてハトムギ茶を摂取する場合は、1日400~500mlを目安に摂取して下さいね。

 

*紫外線対策を行う*

 

紫外線により肌がダメージを受ける事は、首イボをつくる要因となってしまいます。外出の際は、日焼け止めクリームやUVカット加工が施されたスカーフ等で紫外線をガードしましょう。

 

*乾燥対策を行う*

 

肌が乾燥すると、肌のバリア機能の低下やターンオーバーの乱れを引き起こしてしまいます。これにより首イボができやすくなるのです。よって保湿力の高い化粧水やクリームを使って、顔と同じようにしっかりお手入れを行いましょう。

 

上記の3点が自宅でできる首イボへの対策方法ですので、今日からでも取り入れてみて下さいね!

 

正しく首イボを改善して綺麗な首周りを目指しましょう!

 

今回は、首イボの治療法や対策法についてご紹介してきましたがご参考になりましたか?病院ではどのような治療が行われるか分からない為、今まで受診を避けてきた方もいらっしゃると思います。

 

上記の治療法をご参考に、皮膚科で医師と相談しながら、首イボを改善していきましょう。又、首イボは肌のメンテナンスをしっかり行う事で、改善を期待できます。紫外線や乾燥を十分に予防し、自宅で美しい首周りを作っていきましょうね!